スズメバチ駆除

スズメバチの基本駆除費用は15,000円行っております。

どういう時に基本料より高くなるの?そんな時には料金表をご覧ください。

またこの価格には4か月以内に再度、巣作りされた場合には無料で駆除しています。
詳しくはこちら

手の付けられな大きな物まで全て対応しています。是非とも安全・安心のSATをご指名ください。

駆除の前に

 

地域にもよりますが、5月前後~11月前後までの間に活動しています。

9月前後などは特に活発になるハチです。詳しくはこちら

スズメバチの毒は他の蜂に比べて特に強く人間を死にいたらせるほどの毒を持っています。

細かく言うと毒というよりは2回目にさされた毒のアレルギー性のショックによる物です。

年間数十人がスズメバチに刺されて亡くなっています。

そこで巣を見たら被害が出る前にすぐに駆除をしましょう。

小さいうちに駆除する方が費用も安くなのと特に被害が出てしまってからでは取り返しのつかないことになってしまいます。

詳しサイト情報(外部)

  • ウィキペディアでも情報が詳しく載ってます。
  • 一般の方が投稿している写真集もあります。

※スズメバチ駆除は専門業者にお任せしましょう!

暖かい季節になると、外出や庭先での仕事も楽しくなるものです。 太陽の光がまぶしい春から秋にかけては絶好の活躍期間。 スズメバチが活動するシーズンには、刺されないように注意が必要です。 巣を作る場所は雨風がしのげるところ、食料に困らないところ、暖かいところが大好きです。

このため、住宅の軒先や天井裏はそうした、好条件が集まった場所が住むのに適した環境です。 庭先や軒先に作られた巣を自分で駆除しようとして、刺されてしまい重症を負ったケースはよくあるものです。 一見、小さなスズメバチですが、そのからだの中には、私たちのからだを死に至らせるほどの強力な毒を持っています。

また何百という仲間を呼び寄せる技も見につけているため、駆除に失敗した場合には、これらのハチの大群に襲われるという悲劇も待っています。 巣を見つけた場合には、きちんとした知識と経験のある専門家への依頼がお勧めです。

秋に誕生 女王バチ

森林だけではなく、都心部の住宅街にも進出をはじめているスズメバチですが、その生態について、よく知らない人も多いのではないでしょうか。
女王バチの多くが秋に誕生します。
誕生したばかりの女王バチは、暖かく雨風がしのげる場所で冬を越します。
サクラが開花する暖かい季節になると、キイロスズメバチを筆頭に、多くの女王バチが活動を始めます。

女王バチは新しいマイホーム作りと産卵のため、大忙しです。
最初の巣は、大人のにぎりこぶしくらいの大きさです。
女王バチが産んだものは、働きバチとなり、6月から7月の初めに羽化をするものが多いようです。

巣の外で警戒をしたり、食べ物を運ぶ役目をする働きバチですが、実はすべてメスです。
鋭いダメージを与えることが特徴の毒針は、卵管が変化したものだと言われています。
巣づくりのピークである夏から秋にかけては警戒心も強く刺されやすい季節でもあります。

スズメバチの駆除をする場合、一番時間がかかる時期でもあります。

このページの先頭へ